忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名前:宵闇の街フェルゼン
種別:街
位置:ウィンクルム南西部。ヴァルツと山を隔て近しい
規模:鉱山街としてはそれなり
気候:年間通して肌寒い。四季は無い
人種:人間。肌が紙のように白い土着民と出稼ぎ鉱山夫
特産品:純度の高い魔鉱石とその加工物


特徴
ウィンクルム南西部の山間部に存在する。
近くに良質な魔法石を生み出す鉱山があり、そのベッドタウンとして成り立っている。
働き盛りの若者は多いが、老人と子供は人口比として多くない。
産業は魔法鉱石の採掘・加工業及びその出荷。または鉱夫たちのためのサービス業が主で食料自給率は殆ど無い。
いやらしい格好をしたお姉さんが踊ったりお酒を注いでくれる店もたくさんある。
魔法石は、太陽の光を山が吸収することにより生まれており、弊害として街の空は常に濃群青色をしていて薄暗く、一日に数十分~一時間程度の時間を除き日が覗くことは無い。
街には光を発するコケのような植物が自生しており、それを照明代わりにしている。
また、土着民は光魔法に通じているものが多く、照明のための魔法具も充実しており日常暮らしていくのにあまり不自由は無い。
光がない街であるがゆえに照明や光に対しては大変こだわりがあり、街並みは闇と光のコントラストがとても美しい。
土着民は紙のように白い肌をしており、日光に対して耐性がなく街の外に出るときには全身を黒いローブで覆う。
逆に一日に数時間の日が射す時間帯はほぼ全員が外に出て日光浴をする。




関連キャラ
レッティヒ・オーディン
ゼグラス・オーディン

おでん鬼いちゃんの飲み屋さんの名前は「ラグナロク」にしたいです
いや、オーディンだから
ぜひロキさんに来てもらいたいね
私は土地を作ると普段はどこかに隠された厨二病がふつふつと湧き出すようです
あと鬼いちゃんのお店では踊り子さんたちが踊っています
鬼いちゃんはスペース提供しているだけで踊り子さんたちの経営はまた別なんでしょうけど
そっちも考えたいなぁ。なぜならバーレスクの映画を見て感動したから
投稿がOKになったら街やっちゃいたいです
街住人どんどん来てもいいのよ
でもそれより前にWIKIなんとかしたいなぁ
自分とこ以外何もいじくってない自分が言うのも無責任なんですがアイタタ
やっぱり今回のカーニバルで思ったけどまだまだ不便ですねぇ
キャラ絵がすぐに出てこないのはやっぱりちょっと面倒くさい
やっぱり私は今きっと顔を出していらっしゃらない、そして他の方も多く使われてない
というキャラは一時的に格納されてたほうが便利だなぁ・・・とは思ってしまいます
失礼な話しなんですが。。。
反論批判は甘んじてお受けいたしますが、私見
今度休日ひたすらタグを打ち込むだけの簡単なお仕事とかしようかと思います

期間を区切られるとうぉおぉと追い立てられるけどそれが離れるとやっぱり気が抜けてしまうなぁ
カーニバルネタまだまだ描きたいのもあるんだけど
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359

<< 昼、昼、昼なんです HOME 思い思いに仮面つけて楽しく >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! 暗い街モメ更新 Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com