忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

pramtan.pngwikiwolf2.jpgwikiprata.jpg











「うるさいばか。犬っていうな。おれはオオカミなんだよ。」
「お願いだよ・・・おれのこと、人間にして下さい。ランとずっと一緒に居られるようにしてください。」

プロフィール
名前     プラタ(♂・2歳、人間に直すと15歳くらい)
種族     オオカミ
職業     郵便屋
口調     一人称     おれ
二人称     おまえ
三人称     あいつ、そいつ
敬語     ~だよ。~だろ?など全体的に子供らしい口調。平仮名を多用する

生い立ち
プランタンと一緒に世界を回っている巨大な狼。
群から逸れ、親の顔も忘れて森の中で一人で生きているところをプランタンに見つけられる。
同じ色の毛の色と瞳を持つ少女に「私と一緒に来ない?」そう言われ、名前と赤い布を貰ったときから狼は彼女のために生きることを決意した。
手の中に納まるくらいだった身体は成長し、今では彼女を背中に乗せて世界を走り回れるようになった。
そしていつの頃からか、狼ではなく人間として彼女の傍に立ちたいと思うようになっていった。


特徴
プランタンと同じ毛の色と瞳をした狼。
身体は立派に大きいがまだまだ子供ですぐに喜んだり機嫌を損ねたりする。
人間と会話することは出来ないが話している内容は理解している。
また、獣人や爬人などとは言葉を交わすことが出来、純粋な動物というよりはモンスターに近いものなのかもしれない。
プランタンのことが好きでプランタン以外の人間、特に彼女に好意を抱く人間に露骨な敵対心を示している。
まやちゃんのことは本人曰く大嫌いだが、イムナ村ではよく二匹で顔をつき合わせて話をしている姿が目撃される。
人間になろうと目下その方法を模索中である。


イベント

郵便配達イベント
    特に何もしなくても7日に一回現れて手紙を渡してくる
    ジルへの弟子希望の手紙やヒルトへの臣下からの手紙は膨大。
    サイから子供たちへの手紙も多い。
    ココリータからヴェイタへも割と多い。
    手紙を渡すと去っていく。しかしその日のうちには何度でも町で見かけることが出来る
    甘いものをおごってやると手紙を一枚タダで送ってくれる。
    ちなみに葉書は50ゲルトで書簡は80ゲルト。
    食べ物も体積的に明らかに無理があるものも届けられるが生物は無理らしい。



獣の願い(プラタ人化イベント)


第一段階
発動条件
・郵便屋に30通以上手紙を渡していること
・フレバーのイベントをクリアしていること
・郵便屋が訪れる日に獣人がパーティにいるかラビットサーカスのメンバーのところに居ること

郵便屋がいつものように手紙を持ってくるがプランタン一人でプラタがいない
「プラタがどこかに行っちゃったの。迷子になってるんじゃないかしら、あなたたちも探してくれない?」
と言ってくる。
郵便屋と別れプラタを探すと町外れでうずくまっている姿が見つかる。
連れて帰ろうと声をかけると
「人間の姿になりたい。ランに大好きっていいたい」
と彼の思いを聞くことが出来る
その後プランタンの所にプラタを連れていくとアイテム「記念切手(売ると3000G/5回無料で手紙を遅れる)」が貰える


第二段階
発動条件
・上記のイベントをクリアしていること
・郵便屋に手紙を50通以上渡していること
・プラタと会話出来る人間がパーティにいること
・オゼに願いを叶えてもらったことがあること
・郵便屋が訪れる日にナナシキにいること
・オゼのところまで案内できる人間がナナシキに居ること

ナナシキに居るパーティの元に郵便屋が来るが、再びプラタが居ない。
案内人のクリスかティードに話を聞くと、山の方へプラタが向かったという報告を聞くことが出来る。
山に向かうと、ダンジョンの中腹で倒れているプラタを発見する。
治療をし、話を聞くと「竜が願い叶えてくれるんだろ?おれをそいつのとこ連れてってくれない?」と言ってくる。
(いいえを選んでも「そんなこと言うなよ可哀想だろ」と誰かから反論が出るためはいを選ばざるを得ない)
オゼのところにプラタを連れて行くと長い語り合いが行われプラタの姿が少年に変わる

人間に姿が変わったプラタを連れて帰ると、プラタとプランタンの間
二人の会話の後アイテム「記念葉書(売ると5000G/10回手紙を無料で届けられる)」が貰える


その後郵便屋が訪れるときは、数回に一回プラタが人間の姿になっている




関連キャラ

・プランタン(死ぬほど好き)
・フレバー(嫌い)
・バル(嫌い)
・まやちゃん(大嫌いだけどなんか仲良し)
・円(あまりお互いに興味ない仲良し)
・オゼ(人間にしてもらう)




PR
pramtan.pngwikiran.jpg











「行きましょプラタ。お客様が私たちを待っているんだからね。」

プロフィール
名前     プランタン(♀・15歳)愛称はラン
種族     人間
職業     郵便屋
口調    
    一人称     私
    二人称     あなた、お客様
    三人称     ~様
敬語     敬語は使わない。女の子らしい「~ね。」「~わよ。」などを使う。

生い立ち
記憶が始まった頃にはすでに青い髪の先代郵便屋と共に世界を巡っていた。
プランタンにとって、手紙を届けたときに受取人から与えられる笑顔は何物にも変えがたい素晴らしいものであった。
彼女が15歳になったときに先代は引退し、以来15歳から年齢は変わらぬままずっと郵便屋をしている。
誰も自分の存在を認めてくれないのではないか、自分の手紙は人を不幸にすることもあるのではないか。
いつの頃からかそんな葛藤を抱え、夜に涙を流すこともあるようになった。
それでも彼女は手紙が人々の笑顔を運ぶと信じて手紙を配達し続けている。


特徴
オオカミのプラタと一緒に世界を回っている郵便屋
7日に一回姿を現し手紙を置いていく
店のお徳情報やダイレクトメールも一緒にくれたりする
ちなみにこちらから送信することも出来る。ただし有料
ものすごく遠い地の手紙も「違う世界」や「天国」「魔界」などの手紙も請け負っている
彼女達がどういう手段で世界を旅しているかは誰も知らない
追求しようとしたら「だって私たち、郵便屋だから」といってはぐらかされてしまう
謎の多い「郵便屋」。でも彼女達が運んでくる手紙はいつもパーティを幸せな気持ちにさせてくれ


郵便配達イベント
    特に何もしなくても7日に一回現れて手紙を渡してくる
    ジルへの弟子希望の手紙やヒルトへの臣下からの手紙は膨大。
    サイから子供たちへの手紙も多い。
    ココリータからヴェイタへも割と多い。
    手紙を渡すと去っていく。しかしその日のうちには何度でも町で見かけることが出来る
    甘いものをおごってやると手紙を一枚タダで送ってくれる。
    ちなみに葉書は50ゲルトで書簡は80ゲルト。
    食べ物も体積的に明らかに無理があるものも届けられるが生物は無理らしい。


・プラタ(パートナー)
・フレバー(手紙を届けてくれる人)
・バル(お父さんみたいな人)
・ジル(お得意様)
・アリオト(お得意様)
・サイ(お得意様)
・ココリータ(お得意様)
・エラム(長寿繋がりで一方的な親近感)


8db0b55b.pngwikilie.jpg












「チャオーーvロカターリオ号へようこっそぉーー!!歓迎すんぜぇーーvv」

攻撃力 防御力 速さ ラック 賢さ:戦闘開始時にスロットで1~10に変動する 魔力:0

プロフィール
名前     リー・ドゥ・ヴァン(♂・年齢不詳)
種族     人間
職業     「自称」海賊
武器     ナイフ等
戦闘能力     タイプ     物理
スキル     攻撃
範囲     近距離
長所     スロットの出目次第によっては大きな戦力になる。
短所     操作不能。必殺技がない。港町から外に出ようとしない
口調     一人称     オレ
二人称     お前
三人称     あいつ
敬語     使わない。「だぜぇーー」とか「じゃねぇのーー?」とか「いやぁーーんvv」とか基本的に伸ばし棒は二つ。話を自分の良い方に解釈する。

生い立ち
元々はウィンクルムから離れた遠い遠い海で海賊稼業を行っていたが、ちょっと暴れ過ぎたため一休みするつもりでここに来た。
現在は海賊稼業は休憩して、「ロカターリオ号」という船で冒険者を乗せたり荷物の運搬をしたりしている。
ちなみにリー・ドゥ・ヴァンとは「樽の底に残った赤ワインの色」という意味で偽名である。
酔った彼はそう語り、それ以外のことは聞いても煙に巻かれるばかりである。


特徴
いつもヘラヘラと笑っており何かに動じることがない。そしてお祭り好き。
毎夜開催される宴では率先して飲んで歌って踊って全裸で船に飛び込む。
自分の過去を語ることは少なく、聞いても妄想なんだか事実なんだか解らないものが多々あり、こちらを煙に巻こうとするように感じられる。
「面白いか否か」が価値判断の全てであり、どのような過去を持ち、未来を見据えていたとしても面白いと判断した人間は全てを受け入れる。また拒絶されても全力でぶつかっていく。
「海そのもののようだ」と揶揄されるのはそんな性質からかもしれない。


イベント
乗船イベント:
冒険開始時から港がある町ならどこにでもいる。
普段は話しかけると、饒舌に無駄なことまで喋りだすウザったいサブキャラでしかないが、船でしか渡れない島へ行くイベントが発動したときに話しかけるとロカターリオ号船長だということを証し船を出してくれる。

ちなみにその際「自分の愛している人の名を大声で叫ぶ」とか「今までの人生の中でもっとも恥ずかしい思い出を語る」とか難題を持ち出す
答えに不満があると「お前の決意はその程度か・・・!!」といって乗せてくれない。
満足する答えを出すと仲間になり、その後の海上移動も行ってくれるようになる。
パーティに入れることも可能だが、港町から外へ行こうとすると自動的に仲間から外れる。

関連キャラ
・フージェン(船員)
・レオン(船員)
・ビゴー(船員)
・時雨&春雨(船員)
・マシュー(副船長/未登録)
・イレーネ&ヨナ(船医/モブ)
・零(好いてくれているらしい)
・ヴァーダ(マブダチ)
・狂犬(よく船に乗っている)
・陽皐(同上)
・エスト(セクハラしてごめんなさい)

3a773dc0.pngwikirita.jpg












「あんたたち旅の途中でうちのバカ旦那様に会ったら、もうあんたの顔なんか見たくないって言ってくれないかい?そうでも言わないとあの人は帰ってこないのさ」


名前     ココリータ・コバルト(♀・19歳)愛称はリタ
種族     人間
職業     主婦/仮面職人
口調     一人称     あたし
二人称     あんた
三人称     あの子(人)
敬語     基本的に使いません。「~じゃないのかねぇ」「~しておくれよ」などおばちゃんっぽい喋り方。方言のようなものなので本人はいたって普通のつもり。指摘すると逆ギレする。

生い立ち
アスコリ島の裾野にある小さな町、トルナーレで生まれ育った女性。
町は普段は穏やかだが、カーニバルの時期になるとお祭り騒ぎになる。
彼女は幼い頃から優しい両親に仮面の作り方を学んでいた。
しかし彼女が10歳のときに両親は他界。
周囲を心配させないように明るく振舞っていたが、その心は仮面の下で孤独に泣いていた。
そんなココリータを光の下へと導いたのが東からの旅人だった。
彼女は旅人と恋に落ち、紆余曲折を経て結婚する。
以来穏やかに仮面を作りながら、愛する彼がふらりと帰るのを新しい家族や町の住人たちとともに待ち続けている。


・特徴
清純そうな外見に似合わず、強引なところがありお節介焼である。
「田舎のおばちゃんっぽい」性格。
感情表現が豊かであり他人のために感情を大きく動かす。
それは夫や家族の前ではそれが顕著に現れる。
また、怒ると般若のような顔になるが、本人は気付いていない。
夫であるヴェイタの病のことを心配しながらも、彼が郷に帰らず自分の町に帰ってくるのはそのせいだとも考えており複雑な心持である。
新しく家族になった子犬の光漢やアオサは本当の子供のように感じており、彼女の生活を営む上でなくてはならないものになっている。
年より老けている、は禁句。


イベント
宿屋イベント
    パーティがとある町で宿が取れずに困っていたら「フロ炊き・薪割り・煙突掃除」を条件に家に泊めてくれる。
    それからは立ち寄るたびに同条件で無料で家に泊めてくれるようになる。


新しい家族:
ヴェイタ・アオサが仲間になっている状態で獣人キャラをパーティに入れて郵便屋の来る日にトルナーレに行くと発動する。

コバルト家に行くとタタラと郵便屋(プランタン)とココリータがお茶を飲んでいる。
一緒にお茶を飲んでいると「最近子犬が飼いたくってねぇ」とココリータが話をふってくる
話の最後に「旅の途中で可愛い子犬見つけたら教えてとくれ」と言ってくる

(その後アオサにイベント引き継がれる)

アオサをパーティに入れて子犬を連れてくるとお礼にアップルパイとカーニバル用仮面が貰える
アップルパイ→全員HPMP全回復ただしフィールドでしか使えない
仮面→遠くの町で売ったら高額になる

子犬はヴェイタに光漢(コータ)と名付けられ、コバルト家に行く度にちょっとずつ成長している姿が見られる
パーティからアオサを外しているとコバルト家に居ることが多くなる



関連キャラ
ヴェイタ:夫
アオサ:養子
エース:幼馴染
タタラ:お義母様(ヴェイタの親友)
幽:タタラの家族
ミルド:なんか気になる
ソフィア:友人
アカネ:友人
カルーア:ご近所さん
ディタ:ご近所さん
ライム:友人
セツ:トルナーレ住人

ということで話題が世界観のことなのでつらつらと語ったりすればいいのかしら
とりあえずアルナは火葬で水葬なんだよ(ちょ)
とりあえず基本的には世界観板と世界観ページを見てくださいということなんですが
私が出した世界観的な何かは
アスコリ群島(及びトルナーレ) アルナ 浮島(煮豆ちゃんと協同制作) ロカターリオですね
あと陽皐の故郷の「ヒサナ」と船長の祖国の「ロマネ」ってのがあるんですがこれは割愛
特にロマネは船長が来たってだけでそっから一切使う予定ありませんから
航路も開拓されてないしORPGに使う予定は全くありません
ヒサナはイベントにも使う予定だからいつか世界観にあげるかも
個人的にはあと藤縞さんと相談(かお任せ)して闘技場のある街を作れたらいいのにぃ


3a773dc0.png









トルナーレはキーワードとして カーニバル・職人の町・地中海って感じでしょうか
あとは世界観板を見てくれたらそれでいいよ
もしくはリタ話を参考にしてくだされば嬉しいです
基本的に町への手段は陸上じゃなくて船です
アスコリ間の移動は簡単なヨットみたいなのがいくつかあります
ロカタに頼んだら「フォレンティーナ」と言う名前の小船に帆を張って出してくれます
トルナーレは職人の町ですがその反対側にある町の「コルサーレ」はアスコリ周辺としてはちょっと大きめな港町なのでトリニティから船が出てるかもしれません
ついでに冒険者ギルドもこの町においてあります
というかアスコリがトリニティ領なのか・・・?
イメージ的に近からず遠からず・・・
もうアスコリだけで固まってるから特定しないほうがいいのかな

そういえばトルナーレカーニバルまであと半年くらいです
今年は見送りましたが来年は祭りとして大々的にやらせていただきたいなぁとか画策してます
準備期間一ヶ月本番は3日間
構想は昨日から始まってるよ!
とりあえずトルナーレに家があったり家族が居たりする人はごめんなさい死んでください
忙殺されてください。いつかのアルフレソさんの如く
リタも1ヶ月間顔が般若から戻らなくなります
出店(トルナーレ島民中心)・大道芸人やサーカス・自警団・花火とスタッフ大忙し
参加者は参加者で仮面と民族衣装を着けて舞い踊ったり出店を楽しんだり嫌いな人間にトマトをぶつけたりすればいいと思います
なんてったって公式で、「殺人・強姦・放火以外はバレなければ何をしてもいい」という掟の元、背後からたまごが投げつけられたり、仮面を被った少年に闇討ちされることもある
という祭りですからね
ただまぁあんまり大事起こして欲しくないから自警団には頑張って貰わないといけないのだよ
あと盛大な合コンの場所でもある。ヴィン医師は浮気する。これは病気


syuri.jpg









アルナはキーワードは 大河・医療・虫って感じでしょうか
詳しくの概要はシュリ話にて感じ取ってくれれば嬉しいよ
というかあの話で殆ど説明しちゃったからいうこと何も無いよ
言い忘れたこととしては王都は国際都市風味
医療勉強しに色々な人が来てるからね
国民性として穏やかでてーげー主義です
現実の世界で言うなら(ベトナム+インドネシア+タイ)×インド=アルナって感じです
端々から色々と漂って参りますねははは
アドニアには統合されなかった小国ですね。詳細は追記にでも
あぁそういえばアルナの人間は短足が多いらしい(ちょ)
人種的には近いアドニアと比べると身長が低めで足が短い
肌もちょっと黄身がかかった黄土色です
くっきりした二重を持つ人が多いらしい
かなりどうでもいいことですがね


are.png
 
 








浮島について。相当古い絵サルベージ
セッカ兄ちゃんがでかすぎるからボツになったんだろうけど折角なので
とりあえず世界観ページの浮島項目を参考に。長いけどね!
あとセッカ兄ちゃんのお話を参考に
こればっかりじゃーん
ちなみに一応認可は貰ってますが浮島は半分以上煮豆ちゃんのものなので私じゃわからないところも多々あるよ
なんで浮いてるの?とか言われても超困るよ
とりあえず戦闘に関連する何かは一切絡んで欲しくないというのが前提でしょうか
色んなそういうイザコザを避けるために空に上げたというのもありますしね
すいませんシムピープル・・・
不思議な がコンセプトだから結構曖昧でいいジャンと思うことも多いです
あと個人的に浮島人は魚食べないと思う


8db0b55b.png









ロカターリオ号
臭くて汚くて陽気でエロ本とかまわし読みされてるといいよね
とりあえず世界観を(略)
結構男子校の部活のノリってイメージです
船長のいうことは?/ぜったーい/
乗船イベントというアレでソレな関門をクリアしたら楽しい世界が待っていればいいね
新しい乗組員も乗ってくださってありがたい限りです。愛されてるねロカタ
個人的にはどうして船に乗ったのかの経緯がとても聞きたいところです
メイフィールド号からの残留なのか新生ロカタに入ってから乗ってきたのか
新生ロカタはともかくメイフィールド残留の人は船長のことよく思ってない人も多々居ます
まぁ生きていくうえで嫌いなは上司に仕えることもあるし船長は航海技術に関しては文句付けられないので仕方ないよねって人もおります
船長は春雨さんが駄目人間でも時雨さんが頑張って2人前働いてくれたら文句は言いません
ただし働かなくて他に迷惑かけたらお仕置きが入ります
メインマストでタイタニックごっことかバウスプリットに片手で吊るされたり色々

ちなみにこんな子居るのよロカターリオモブキャラ
rokatamob.jpg









←船医:イレーネ・マルサ(本名:イエッサ・マンタ)
→船付き看護師:ヨナ(穐享さんのキャラ)
オカマッチョな船医と南国系の気難しい看護師
この二人はメイフィールドからの残留です
トルナーレモブもだけど私は投下しといたほうがいいモブキャラが多い気がする
あと藤縞さんが副船長を描いてくれる予感がして嬉しすぎて死にそう
実に3年越しですよ


まぁそんな感じです
追記にアルナアドニア事情について描いとこうか
私の中の何かを纏めてるだけなのでみなくてもいいのよ
 

[1]  [2]  [3

HOME 次のページ >>
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! キャラ紹介・世界観 Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com