忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

aruna.jpg







本家板にアルナ(犬母の国)投下して参りました
アドニアは中東から西アジアでアルナは東南アジアなイメージ
トルナーレが地中海だとしたらアルナはタイっぽい感じの国のイメージです
暑くて水に恵まれた国だと思っています
海に面していて大河も流れている
王都とかは水路に囲まれているんじゃないかと
侵攻されることも多かったけどなんかどっちにもいい顔してなんとなく切り抜けてきた外交
で今まで独立を保って来たような感じですか
(実際タイがそんな感じだったのであやかった/笑)
医療発達の裏にはきっと伝染病が多かったってのもあるかと
大河があるから病原菌をまく虫とかも昔は多かったんでしょうね
まぁイベントやなんかに使えたら嬉しいなぁ

cia.jpg









母犬。ちょっと露出多すぎた気がするけど気にしない。色彩感覚って何?
アルナが侵略から逃れた理由の一つが王家女性の持つ「浄化の力」らしいです
河はとにかく綺麗です。水が底まで常に見えるくらい綺麗です
よく解りませんが祈りの力かなんかで水は常に美しく保たれているらしい
王家女性がいなくなると水が途端に汚濁するとかなんとか
生殺与奪権を持つも同然ですね
なんでそんな力を持っているのかはよくわかりませんが
どっちかつーと浮島の人たちに近い感じですね。関係はありませんが
きっとウンディーネさんと話が合う
母犬が入れるとコーヒーの味がよくなるんです(笑
ちなみにシアは男女男女女の末娘


kirenaga.jpg









切れ長目の女を書けという啓示が来たような気が(以下略
既存キャラで難しかったのでなんとなく東っぽい人
娼館の総元締めとかでもいいなぁとか思うけどORPGらしからぬよね
和装娘集めてウハウハしているお姉さんなイメージでしたけどORPGらしからぬよね
べ、別に前に和さ雄さん見てからちょっと考えてたなんてことないんだから!
幕末京都島原大好きだぁ


にしてもふみさんのお話大変面白いです
決闘を申し込む二人を見て一緒に噴出したとか内緒だよ
ふみさんは大変キャラを生かすのが上手いなぁとひしひし感じますねぇ
色々シーンを想像してニヤケておりますにひひvv
なんかロスト家視点書きたくなるなぁ・・・
ハッパかけに行くジズとかノエリアさんやヒルト様と語る両親とか。実に楽しそうだ
あと文化とかについての見識が深いのがすごいなぁといつも思う
アレ私国際文化学科だったんだけどな?頑張らないと


船長に関しては本当申し訳ないですねアババババ・・・
船長はなんだろうか。人間だから人間に出来ることしか出来ないんですよね
魔法とかの素養皆無だし死ぬときは死ぬし
でもなんだろう二人が剣を重ねたときに一発止めるくらい出来そうな気がするんだ
二人が戦うのは大変面白いから大歓迎だけど船になんかしたら黙っちゃないぜとかって神に向かって何言ってんだこの凡人が
す・・・スイマセン実に得体の知れない男でスイマセン・・・
私もあいつを戦い絡めて描くことは無いと思ってますので尚更・・・ヒィィ
にしてもジルさんの修行時代が実に素敵笑)
なんてやんちゃなんだろうか。そして魔法猫に私も埋まりたい。魔法犬ならもっといい
猫に埋まったのが実話!?なんということでしょう


裏メルさん大変お洒落でカコイイです
髪の長い男はセクシイだ。異論は認めねぇ!
表情が実にイキイキしてみえるのは気のせいでしょうか
ジルさん連れてっちゃらめぇぇぇ
悪だけど最終的にこっち戻ってきてほしいですねぇなんとも・・・無理かしら
テスト頑張ってください!歴史で点数取るにはいかに面白く用語とその背景を覚えるかですよ


そういえば今日レポート提出してなんかひと段落です。頭のほうは
あとは周克と公演だよヒャッホー
「え、まだサークルやってんの?」ってちょっと白い目で見られたよヒャッホー
でもまぁいつか様というそこらへんにかけては大先輩がいるからあやかりたいと思います
きっと誰かが拾ってくれるよ。そうじゃなかったら永久就職したいよ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! 魚は空へ小鳥は水へ Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com