忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

furikuri.jpg









あと一ヶ月しか今年がないだと・・・・!!??
絶対にそんなこと信じません
といいつつマクパペットはもうすっかりクリスマス色です
プランタンをこしらえたとき「かわいぃぃぃぃぃ」と叫んだ私はただの馬鹿ですこんばわん
絵は楽天のサンタ衣装で可愛かったから着せてみたもの
浮島だったらともかく冬のインテでこの格好は凍死するな
どうでもいいけど日本で一番女子高生のスカートが短いのは豪雪地帯で有名な新潟です
ちょっと俺新潟行ってくる

そして今年も贈り物エベント12月いっぱい行おうと思います
たちまち郵便屋告知ネタ
プラタの荷物が消えたり布が逆に巻かれてたりそんなところをツッコむ人は神の裁きが降りるであろう
なんかノロケを堂々航海しただけですね恥ずかしい
たくさんのお話楽しみにしております
そういえば去年サイさんから貰った種どうなったんだろうなぁー
あとリタが渡した貝殻どうなったんだろうなぁー
シュシュもお洋服選びにいかねぇとなぁー
去年のネタを今年打ち返すとかまじすいますん
あと今年はベルさんにお世話になったからアリが何かしたいところ
陽皐もそろそろ動かしてあげないといい加減死にそうだ
うん、そんな単なる呟きです




あと追記に贈り物とは完全に関係のない単なる妄想の呟き
ちなみにグロいです。本気でグロいです
加害被害の話から妄想発展したもの
苦手な方は明らかに読まれないでください
あと貴志祐介『悪の教典』という小説のネタバレあるので読むつもりの方注意
 



『悪の教典』という小説を読んだのですが
えぇ中々に面白かったです。一気に読み進めてしまいました
ネタバレになるのですがあの話には大量殺戮のシーンがあるのですよね
連続殺人という生易しいものじゃなくて明らかな「狩り」
人が人に行うハンティング、狩りのシーンがありました
そこで逃げ惑う人々の描写、というかそれぞれ登場人物がどう行動するかというのが丁寧で興味深かったです
指示を信じきって進むもの、指示に対してこれはおかしいぞ?と思うもの
決死隊に加わるもの、篭城しようとするもの、罠をしかけようとするもの、様々です
私は登場人物が極限状態に置かれたときにどうするかを描き分けている小説が好きなようです
(しかし災害被害系は大嫌いだ。ドラゴンヘッドとか漂流教室とか彼女を守る24の方法とか怖くて見ていられない)
まぁそれで何がいいたいかって、ふとこないだの被害に回るか加害に回るかの一番究極ってバトルロワイヤルの世界観なんじゃないかなぁーって思ったんですよね
クラスメイトの中でたった一人が生き残れる、他人を殺さないと自分は生き残れない、そんな状況
んでついつい妄想膨らまして自キャラだったらどう行動するかを考えてしまった
いや絶対殺したくないよ。ORPGの世界観において殺す事はありえないよ
ただまぁ不意に浮かんでしまったので晒してみようかと思ったわけです
普通に死に方とか語ってたりするのでそういうの嫌いな人は見ないでくだしあ
ちなみにサブキャラはもちろん考えませんよ
彼女等は生死を考えて扱っちゃいけないです

船長:チートは違う世界にいってもチートであった
ターゲットをクラスメイトではなく政府の方にロックオンして全員SATSUGAI
爆破する首輪も何とかなってしまうそれがチート
最終的に海に出て別の国に行って海賊へ
ごめん、こいつ一人バトルロワイヤルじゃなくてバキの世界の人間だった
チェ・ゲバルを見てると船長と被る
多分動いたら衛星が動いてカーナビがズレるんです

こっから本番

犬:多分スズメさんと会う前後で色々違うんだろうけど
前ならば、結構すんなりと状況を受け入れる
仕方ありません、こいつド受けだから
自分から積極的に殺す気はないけど攻撃されたら容赦なく
ラスト7人くらいになったところで彼よりも生きる意思の強い奴にSATSUGAIされることと思われる
最後に思う事は「俺が死んだら父上は涙を見せてくれるだろうか」
後、というかスズメさんやそれに代わる「命に代えても愛してる人」が同じクラスに居たら
真っ先に彼女に合流しないと話が始まらないから合流
「俺はこのゲームに参加する。あんたは何があっても傷つけさせない。あんた以外の全員を殺す。そして最後に俺も死ぬ。そうすればあんたは生きて帰れる。それが嫌なら俺を殺せばいい。あんたに殺されるのなら構わない。」
と言って発言通りの行動をすると思われる
最終的に生き残れるか死んでしまうかはストーリーの進行によって違うんじゃないかな
発言を実行できるだけの「覚悟」と「力」があるからね
殺されるときは彼女を庇って。もしくは後追い


ジズ:恐らくは小説の三村君のポジションに立つと思われる
何人かのグループを統率してもいいと思ったけど背後から刺されるリスク考えるとやんないかもしれない
いつどこで誰に殺されるか解らない状況だしな
全員SATSUGAIして生き残るよりはどうにかして島から生きて脱出する方に思考を注ぐと思う
多分自衛のため何人かはSATSUGAIするんじゃぁないかなぁ
生きて脱出する方法を考えてよしきた!と思ったところでクラスメイト、もしくは政府によってSATSUGAI
多分残り12人くらいだろう
なんとなくジズは優秀だけど船長や犬ほど何かが出来るとは思わないんだ
多分ORPGアドニア組の中においてこそ価値があるキャラだからだろうね
何でも持ってるから一人じゃ生きられない
どうでもいいけど一回こいつをベースに無茶苦茶悪どいキャラを作ってみたい
もう人とかただの駒だよね?としか思っていないようなキャラ
スターシステムなのでいつかどこかでお目にかかるかもしれません

陽皐:泣いて喚いて嫌だっぺー嫌だっぺーと言いまくり暫くガクブルとしているけど
生きて帰らないと陽斑に会えないよなぁと思いションボリgkbrしながら行動を開始する
途中で仲間(恐らく性格優しい女の子)を見つけてなんとかビビリながらも行動するが
やる気のクラスメイトに襲撃されてSATSUGAIされる
彼女を庇ってかもしれないしただ逃げるところを追われるのかもしれない
多分開始から1日以内くらい
陽皐弱いんだよ。無駄に庇うスキルついてるし

シュリ:救護班。流れの療術師は健在
島をフラフラして目に付く人を治療したり死体を埋めたりそういう感じに行動する
「これが私のなすべきことですから」そう言ってゴーイングマイウェイに行動
護衛は欲しいが無くても仕方ない
残り半分くらいになったところでやる気満々な人を治療して
「ありがとう。さようなら」って感じでSATSUGAIされる
あらかじめ自分を殺すだろうなーって人目星つけて毒とか仕込んでもいいような気はするけど
それは彼女の矜持じゃないからやらないで欲しいような気もする
「私が死んだら真水に沈めてクレタ様の元に帰してくださいね」が最後の言葉


本当にただのグロい妄想ですびばせんでしたorz
ちなみにバトルロワイヤルは全然違った人生を送ってきたクラスメイツがどんな思考の元にどういう行動に至ったか、ってのが楽しいと思うので
小説や漫画は丁寧に描いてるから読んでて面白いんですが映画はただグロイだけでクソでした
殺すこと=生きること という希望でありだからこそ望まない選択肢を選ばなければならないという葛藤があるのに単なる殺しであり殺戮であってつまりは何も伝わってこなかった
山本たろちんは好きですが
そういえば3D化されるらしいですが3Dにする意味が解らない
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! 広い世界にたった一人の私の好きなあなたへ Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com