忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3a773dc0.pngwikirita.jpg












「あんたたち旅の途中でうちのバカ旦那様に会ったら、もうあんたの顔なんか見たくないって言ってくれないかい?そうでも言わないとあの人は帰ってこないのさ」


名前     ココリータ・コバルト(♀・19歳)愛称はリタ
種族     人間
職業     主婦/仮面職人
口調     一人称     あたし
二人称     あんた
三人称     あの子(人)
敬語     基本的に使いません。「~じゃないのかねぇ」「~しておくれよ」などおばちゃんっぽい喋り方。方言のようなものなので本人はいたって普通のつもり。指摘すると逆ギレする。

生い立ち
アスコリ島の裾野にある小さな町、トルナーレで生まれ育った女性。
町は普段は穏やかだが、カーニバルの時期になるとお祭り騒ぎになる。
彼女は幼い頃から優しい両親に仮面の作り方を学んでいた。
しかし彼女が10歳のときに両親は他界。
周囲を心配させないように明るく振舞っていたが、その心は仮面の下で孤独に泣いていた。
そんなココリータを光の下へと導いたのが東からの旅人だった。
彼女は旅人と恋に落ち、紆余曲折を経て結婚する。
以来穏やかに仮面を作りながら、愛する彼がふらりと帰るのを新しい家族や町の住人たちとともに待ち続けている。


・特徴
清純そうな外見に似合わず、強引なところがありお節介焼である。
「田舎のおばちゃんっぽい」性格。
感情表現が豊かであり他人のために感情を大きく動かす。
それは夫や家族の前ではそれが顕著に現れる。
また、怒ると般若のような顔になるが、本人は気付いていない。
夫であるヴェイタの病のことを心配しながらも、彼が郷に帰らず自分の町に帰ってくるのはそのせいだとも考えており複雑な心持である。
新しく家族になった子犬の光漢やアオサは本当の子供のように感じており、彼女の生活を営む上でなくてはならないものになっている。
年より老けている、は禁句。


イベント
宿屋イベント
    パーティがとある町で宿が取れずに困っていたら「フロ炊き・薪割り・煙突掃除」を条件に家に泊めてくれる。
    それからは立ち寄るたびに同条件で無料で家に泊めてくれるようになる。


新しい家族:
ヴェイタ・アオサが仲間になっている状態で獣人キャラをパーティに入れて郵便屋の来る日にトルナーレに行くと発動する。

コバルト家に行くとタタラと郵便屋(プランタン)とココリータがお茶を飲んでいる。
一緒にお茶を飲んでいると「最近子犬が飼いたくってねぇ」とココリータが話をふってくる
話の最後に「旅の途中で可愛い子犬見つけたら教えてとくれ」と言ってくる

(その後アオサにイベント引き継がれる)

アオサをパーティに入れて子犬を連れてくるとお礼にアップルパイとカーニバル用仮面が貰える
アップルパイ→全員HPMP全回復ただしフィールドでしか使えない
仮面→遠くの町で売ったら高額になる

子犬はヴェイタに光漢(コータ)と名付けられ、コバルト家に行く度にちょっとずつ成長している姿が見られる
パーティからアオサを外しているとコバルト家に居ることが多くなる



関連キャラ
ヴェイタ:夫
アオサ:養子
エース:幼馴染
タタラ:お義母様(ヴェイタの親友)
幽:タタラの家族
ミルド:なんか気になる
ソフィア:友人
アカネ:友人
カルーア:ご近所さん
ディタ:ご近所さん
ライム:友人
セツ:トルナーレ住人


他どうでもいいこと
見なくても「私は!いっこうに!かまわん!!」

162cm  45~50kgであろう
脂肪も筋肉もあんまりない細身。乳のサイズはFくらい。安産型
絹のような(旦那様談)金色の髪の長さは腰まで。髪質はちょっと固めだけどさらさら
セルリアンブルーの瞳。コバルトブルーではないのである
「町ですれ違ったら思わず二度見してしまう」どこにでもいる町娘、よりはちょっと可愛い町娘
感情がストレートに出やすく表情もくるくる変わる
怒ったときは般若になる。本人としては無自覚である
青い服しか着ませんが得にこだわりがあるわけではありません
ただ青が好きなだけです


・ スペルはCocorita・Cobalto
ココリータとはインコの意味。コバルトは大好きな海の色
基本的にトルナーレは地中海の町のイメージなので名前も土地もそんな感じ


・対人関係とか性格とか
老若男女問わず世話を焼いてしまう女
宿無いならうちにおいで!お腹減ってるならうちおいで!お金ないならうちおいで!
現実に居たら福岡出身でかに座の0型だろうな
警戒心?なにそれ美味しいの?
「他人だから」と放っておかないのはトルナーレの土地柄と彼女の性格両方からだと思われる
旦那様を待つのは苦ではない。「おかえり」って言う瞬間が何よりも好きだから
誰かに必要とされていたくて一人で居るのがとても嫌い
幸い旦那様にも子供にもご近所様にもとても恵まれていてありがたい限りです
ちょっと親しげな雰囲気を見せたら全力で懐かれます。気をつけて
されて嬉しい事は構って貰うこと、頼りにされること
嫌いな事は「かわいそう」と言われること。身内を傷つけられること
旦那様の好きなところは「自分を見つけてくれたこと」あと体臭
朝雄さんの好きなところは「素直なところ」あと体臭



時間軸とかなんとかかんとか
(19年前/0歳)トルナーレの仮面職人アイザックとニキータ夫妻の元に生まれる

(14年前/5歳)仮面工房で親方や両親の元仮面の作り方や色々なことを学ぶ
多分エースも一緒になんかしている

(9年前/10歳)両親が出先の地で流行り病にかかり病死
仮面工房の親方の元に世話になる

(7年前/12歳)工房を離れ自分の家で一人で暮らすようになる

(5年前/14歳)風漢がトルナーレにやってくる
淡い恋心を抱くが旅人は旅に戻っていく
将来また出会って振り向かせてやるぞと一大決心
(ミルド&ソフィアの村が焼けたのもこの辺り)

(3年前/16歳)風漢再びトルナーレを訪れる
ちんちくりんの子供だった少女が美人になっていて驚く
そのまま色々あって結婚

(この辺りでカルーア&ディタ、ライムなどご近所さんが次々増える)
(ORPG現在/19歳)-----------------------------------------------
トルナーレでヴェイタを待ちながら仮面職人として日々を楽しく送っている

タタラ、ヴェイタを追ってトルナーレに移住。茶飲み友達に

アオサを保護する。コータと一緒に家に招き家族になる
(未来系のあくまでもifな話)----------------------------------------------
ヴェイタ、呪いが解ける
離婚騒動になるがなんとか円満解決
この後多分3人くらい子供が出来る
長女:ルーチェ 長男:フォルガ 次女:メルア
多分今までもこれからも幸せだよ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! ココリータ・コバルト Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com