忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8db0b55b.pngwikilie.jpg












「チャオーーvロカターリオ号へようこっそぉーー!!歓迎すんぜぇーーvv」

攻撃力 防御力 速さ ラック 賢さ:戦闘開始時にスロットで1~10に変動する 魔力:0

プロフィール
名前     リー・ドゥ・ヴァン(♂・年齢不詳)
種族     人間
職業     「自称」海賊
武器     ナイフ等
戦闘能力     タイプ     物理
スキル     攻撃
範囲     近距離
長所     スロットの出目次第によっては大きな戦力になる。
短所     操作不能。必殺技がない。港町から外に出ようとしない
口調     一人称     オレ
二人称     お前
三人称     あいつ
敬語     使わない。「だぜぇーー」とか「じゃねぇのーー?」とか「いやぁーーんvv」とか基本的に伸ばし棒は二つ。話を自分の良い方に解釈する。

生い立ち
元々はウィンクルムから離れた遠い遠い海で海賊稼業を行っていたが、ちょっと暴れ過ぎたため一休みするつもりでここに来た。
現在は海賊稼業は休憩して、「ロカターリオ号」という船で冒険者を乗せたり荷物の運搬をしたりしている。
ちなみにリー・ドゥ・ヴァンとは「樽の底に残った赤ワインの色」という意味で偽名である。
酔った彼はそう語り、それ以外のことは聞いても煙に巻かれるばかりである。


特徴
いつもヘラヘラと笑っており何かに動じることがない。そしてお祭り好き。
毎夜開催される宴では率先して飲んで歌って踊って全裸で船に飛び込む。
自分の過去を語ることは少なく、聞いても妄想なんだか事実なんだか解らないものが多々あり、こちらを煙に巻こうとするように感じられる。
「面白いか否か」が価値判断の全てであり、どのような過去を持ち、未来を見据えていたとしても面白いと判断した人間は全てを受け入れる。また拒絶されても全力でぶつかっていく。
「海そのもののようだ」と揶揄されるのはそんな性質からかもしれない。


イベント
乗船イベント:
冒険開始時から港がある町ならどこにでもいる。
普段は話しかけると、饒舌に無駄なことまで喋りだすウザったいサブキャラでしかないが、船でしか渡れない島へ行くイベントが発動したときに話しかけるとロカターリオ号船長だということを証し船を出してくれる。

ちなみにその際「自分の愛している人の名を大声で叫ぶ」とか「今までの人生の中でもっとも恥ずかしい思い出を語る」とか難題を持ち出す
答えに不満があると「お前の決意はその程度か・・・!!」といって乗せてくれない。
満足する答えを出すと仲間になり、その後の海上移動も行ってくれるようになる。
パーティに入れることも可能だが、港町から外へ行こうとすると自動的に仲間から外れる。

関連キャラ
・フージェン(船員)
・レオン(船員)
・ビゴー(船員)
・時雨&春雨(船員)
・マシュー(副船長/未登録)
・イレーネ&ヨナ(船医/モブ)
・零(好いてくれているらしい)
・ヴァーダ(マブダチ)
・狂犬(よく船に乗っている)
・陽皐(同上)
・エスト(セクハラしてごめんなさい)


やっぱりどうでもいいこと
「私は一向に構わん!!」

177cm 68~73kgくらいかと思われる
骨太で筋肉質。だけど水には浮く謎の身体
黒い髪の毛は色んな方向にぴんぴんと跳ねている
太めで傾斜の強い眉と割と大きなまぶたの重い目
目の色は夕陽と血の濃い赤
「道端で旅人に高額で妖しげなツボを売りつけようとしていてそれに失敗しそうな印象」
感情は楽に偏りがち。本気なのか嘘なのか解らん感じで泣きもする
笑い声は「ぶははははは」泣き声は「おろろろろ」
ハートのサングラスは本人的にはものすごくお気に入り
本国から出て行くときに餞別として貰ったらしい


名前表記は「lie-de-vin」ただし偽名
タルの底に残った赤ワイン色
本名は「ロート・カーディナル」本国での通り名は「インヴェルノ・ロッソ」
ウィンクルムにおいてその名前を出すことはまず無いけれど
ひとまず置いてきたいつか取りに帰る名前


海で生まれて船で育って陸地で過ごしたことが殆ど無い、らしい
彼の過去を知るものはこの地に居ないからそれが本当かどうか解らない
ただ陸地に上がるとフラフラと足元がおぼつかない
海に入るとイキイキと何時間でも泳いでいる
船と海は体の一部のようなもの
そして船に乗る人たちも彼の体の一部のようなもの
気に入った人しか船に乗る事は許さない。でも船に乗ったらもう家族
自分を慕ってくれるクリューが、自分を疎ましく思うクリューが、お客の皆さんが好きで仕方ない
川の水がどんなに流れ込んでも海は溢れない
彼もそれと同じこと
ちなみに年齢不詳になっていますが別に何か深い意味があるわけじゃありません
多分自分自身も本当の年齢知らないだけだと思われます
年上に思えれば年上に思っていいし下だと思えば下に思えば良いんです
何故か物凄く丁寧で美しい手紙が書けるらしい。字はそんなに綺麗じゃないけれど
好きな酒はモフィートとラム酒


「インヴェルノ・ロッソ」とは1年程前に遠く遠くの海をで起きた事件のこと
何十人もの人を乗せた海賊船が一夜のうちに血まみれになっていたという怪談めいた事件
海賊同士の抗争とかじゃなくて恐らく下手人は恐らく単独犯
それが冬の間に12件も続いたもんだから都市伝説と化してそんな名前が付けられてしまいました
直訳すると「赤き冬」
以来その海では「赤」というと暗にその事件とその下手人をさすようになっています
未だ捕まっておらず、未解決の事件です


※実は本家rabbit*love,itに9年後の彼が居ます
本国に帰って海賊稼業を適当にやっています
何も変わっていません。今までもこれからも船長は船長です
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303

<< 情熱100℃大火傷 HOME ココリータ・コバルト >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! リー・ドゥ・ヴァン Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com