忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

calnival4.jpg












calnival3.jpg









息せききって描いてたけど連休終わったから明日からはどうなるか解らない
私の明日を作るのはあなたかもしれない・・・
とか言ったらテレビの番宣みたいだよね
リタの顔がもうこれがノーマルみたいになってきた
多分、開幕直前まで普通にこの顔でいく
モブナーレをこないだラクガキ帳に描いてたら気付いたら一人増えていた
25歳飴屋の売り子。5年前旦那様に惚れていたらしい
リタやユイさんとはいいお友達
ナーレから外に出たくて仕方ないので外の男と付き合いたい
ナーレに土着する男に興味は無い
そんなことを言い続けてたら年齢=イナイ暦
サンヴァカと同じく出す予定はないけれど


121.jpg









あとおまけ。
5~10年後だと思われる陽皐
誰向けか全くわけが解らないよ
完全に私向けです本当にすみません
陽皐は今はお毛々様はあまり生えていないがその後ヘソと足にもっさり生えればいい
激しくすみませんでした
すごいどうでも良いことですが陽皐と恋に落ちる夢を見た
正確にいうなら陽皐の顔した男と友達以上恋人未満な関係を持った女の子が夢に出てきた
どっかの寮?みたいなところに住んでいて階は違うけど結構食堂とかで出会うらしい
風呂出たところでバッタリ出会ってなんかの話で意気投合して
んじゃちょっと今から君の部屋行っていい!?て展開になったところで邪魔をされた
黒スーツ着た江守徹に
あのドモホルンリンクルの声で色々言われて解散させられた
その後髪を乾かそうとドライヤーを手に取ったら複数のドライヤーにコードがぎちぎちに絡み付いている
頑張って取ってスイッチを入れたら風ではなく泡が出てきてもう一度洗う羽目になる
あーーーーー!!!!となったところで目が覚めた
どうしてこうなった
PR
calnival1.jpg






プランタン「チャオ、ヴェイタ様。リタ様からお手紙届いてるわv」
プラタ「がう。」
ヴェイタ「・・・おう、ありがとな。」
ロキ「なんだよヴェイタってば元気ねぇなぁ。愛する嫁さんからの手紙なんだろー?」
シャン「元気ないなーい!」
ヴェイタ「・・・これ見ろ。」
ロキ「あーん?・・・今すぐ帰れ。ってうぉなんだこの禍々しいオーラ!!」
シャン「えっとなんだっけこれあのえっとはんにゃ!怖ーい!!」
ヴェイタ「もうあと1ケ月だからな・・・。この時期になるといつもこうだ。頭の中は祭りのことしかなくなって顔が般若から戻らなくなる。多分ミルドやセツさんところにも届いてるだろうな。祭りの最終準備のために普段外に出てるやつらも呼び戻してくるんだ。」
プランタン「そうね。最近はトルナーレからのお手紙沢山で嬉しいわ。」
プラタ「がう。」
ヴェイタ「はは。迷惑かけるな。まぁ一年に一度のことだし、俺もあの祭りには思い出も色々あるしなぁ、しゃあねぇ、ぼちぼち戻ってやるか。」
プランタン「そうそう、手紙には書けなかったけど追伸もお預かりしてるの。」
ヴェイタ「あいつは・・・何だって?」
プランタン「一週間以内に帰って手伝わなかったらもう帰ってこなくていいって。」
ヴェイタ「悪いロキ、シャン。俺は先を急ぐ!」
ロキ「行って来いラブ野郎ー。俺もカーニバル近づいたら遊びに行くからなーー。」
シャン「ボクもーー!」




*******************************************************************************************
calnival2.jpg







ソフィア「あ、タタラさんおはよう。」
タタラ「傀儡師に花屋の娘か。おはよう。奥方を知らないか?」
ディタ「リタさんならさっきエースが呼びに来て凄い勢いで走って行ったよ。3つ4つ工房が屋台を出す位置であーだこーだ揉めてるらしい。」
ソフィア「あっちこっちから仕事引き受けてるみたいだから大変そうね。」
タタラ「最近顔が般若から戻ってないけど大丈夫なのか。遅くまで灯りもついているみたいだし。」
ソフィア「大丈夫よ毎年のことだから。多分当日は誰よりも踊って歌って騒いでるんだと思うわ。」
タタラ「丈夫だな。あんたたちはどうなんだ?進行状況。」
ディタ「人形は大量生産するようなもんじゃないからな。俺は平気。カルーアは色々忙しそうだけど。」
ソフィア「花は早めに仕入れてもしおれちゃうだけだから。今はまだゆっくり出来るの。ライムちゃんなんかは大変みたい。タタラさんは?」
タタラ「アオサとコータのお守りを押し付けられている。幽と子供たちが遊んでくれてるが」
ソフィア「あはは。それは大忙しね。」
ディタ「俺はカーニバル今年が初めてだけど毎年こんな感じなのか?」
ソフィア「うん。そのうち外に出てる人たちも帰ってきて今以上にバタバタ忙しくなってくるの。職人も店も関係なく立ってる奴は猫でも使えって。でも、その雰囲気が楽しくって私は好き。ミルドも帰ってくるしね。」
タタラ「片手半剣の男か。剣の腕が上がっているといいな。」
ディタ「何にせよゆっくり出来るのももうちょっとってことか。」



4/27の記事でちょっと呟いていたお話完成
うん、本当は小話の予定だったのに色々行き詰って最終的に雑漫画になってしまった
小話は情報量が多すぎるからイマイチまとめきらんのですよね
情景描写はともかく心理描写が苦手であります
にしても過去の漫画をちょこちょこ見ていたら今よりもずーーーっとクオリティ頑張ってる
どうしてこうなった・・・
あの頃は今なんてもっともっと上手い領域に達していると思っていたのに・・・
日々の努力って大切ですね

まぁそういうことで漫画
・背景ログアウト
・安定しない絵柄
・消えたり現れたりするマダラさん
そんなところにツッコむ人間は出世しないよ
シリアスに見せかけたギャグだと思う。うん、これギャグだと思う
旅から帰ってきたらかめさんが胸キュンな小説描いていてウボォァァァ!!となった
ジズはスズメさんを愛しています。でもそれは恋じゃありません
フラグ立ったように見えてもそれはまやかしです
ジズは恋できない人だから
ra7.jpg






どうも、追記する詐欺の七尾マモルと申します
↓の街色々考えています
暗い街興味を示してくださったら本当に幸せです
住民絶賛募集中
まぁ告知もすませたことですしカーニバルについてカリコリやる方が先でしょうが
街登録するのはカーニバル終わってからかなぁ・・・
まだまだ決めかねていることが山積ですし
とりあえずなんで街が暗いかってのは

【山が太陽光を集めてただの鉱石を魔鉱石に変換している】

光エネルギーを魔法エネルギーに?むしろ光属性の魔法鉱石に?
という感じにしようかと思います。エセ科学上等
日が隠されてるんじゃなくて山の周囲何キロかでぽっかりと光が吸収されるとか
空を見たら月みたいな太陽が常に見えるんかもしれません
養殖とか栽培とかという雰囲気なので魔鉱石がじゃんじゃん捕れそうな感じです
ただしその弊害で山周辺真っ暗
どこかの国に属してるんでしょうが知らんどうでもいい
そして昨日思い出したけど母方実家タングステン鉱山近くの山の中の村だった
人が作った街というよりは鉱山で働く人のために整備して人が集まって村になったという印象かと
移民の街だけどもう出来て数百年は経っていると思われる
その間に土着していった人たちがすくすくと白い人たちになっていきました
外の町に行ったら吸血鬼と間違われそうですね
黒いの着てるし光に弱いし
光の植物はもうなんか任せた・・・!!
ヒカリゴケとかが煉瓦敷きの道にぼんやりと育ってて光ったらとても美しいと思うんだ


ちなみに上↑の人住民候補その1
レッティヒ・オーディン 28歳 182cm
容姿は決定しているが髪及び目の色と性別を決めかねている
多分街を投下するまでに決められない<性別
下着姿を見ても性別がどっちつかずな身体
コンセプトは脇の下からミントの香りがしそうな人
昼間は鉱石加工をしていて夜になると実家で居酒屋及びバールを経営
飯はそんなに美味くないがトーク上手
弟が可愛くて仕方ないブラコン
弟が思春期過ぎてから喋ってくれないのは残念だけど楽だからいっかーとも思ってる楽天家
オープンエロにするかいっそ純情にしようか迷っている
ふひとさんちの巨乳子ちゃんセクハラしてホンマすいません大好きです
ちなみに名前の由来はレッティヒ→ドイツ語で大根 オーディン→おでん です
おでん兄(姉?)弟

なんか藤縞さんのヒューフロ語りみると本当そういう世界のそういう国ありそうに思えるから不思議
クトゥルフ神話ってこういう人が作ったんだよなぁとか思ってしまった
カーニバルでは実に多大にお仕事をお願いしてしまいますが・・・期待しています
アリと角の人とか郵便屋とフレバーさんとかもう関係性作ってきたい人はいっぱい
カーニバルがんばるぞ、お
ラクガキ漫画多大でもお許しあれ
街考えてるから今のところまでの妄想を徒然まとめておく。

名前:未定 ただしドイツ語っぽい発音にしたい    
種別:街 
位置:ウィンクルム南西部? ヴァルツと山を隔てるが割と近い
規模:土着の人は多くないけど出稼ぎの人たちが結構いる
気候:年間通して涼しい。四季は無い
人種:人間。○○族とかってつくのかもしれない
特産品:鉱石


特徴
・一日に数十分~一時間程度しか日が射さない暗い街
・空は常に濃群青色をしていて薄暗い
・雲に覆われているわけではなくて日が射さない
・夕陽の沈み終わった夏の空をイメージしていただきたいところ
・ライトなしでも道を歩くことは出来るが細かい作業は出来ない
・夜は一応ある。真っ暗になる。
・光を発する植物が自生していて照明代わりにしている
・住民全員が光魔法を使えるし魔法具充実してるし日常暮らしていくにはあまり困らない
・街灯にとても凝っていてイルミネーション的に綺麗
・時給率はほぼ無いに等しい。もやしみたいな植物しか育たない

・住民の肌は白い
・髪の色とかは色んな人が要るがとにかく肌が白い
・街の中では普通の格好だが外に出るときは全身を黒いローブで覆う
・中二病なわけではなく日焼け対策。すぐに肌が真っ赤になる
・住民全員軽度の日光アレルギー
・逆に街の中での一日数時間の日が射す時間帯はほぼ全員が外に出て日光浴をする
・ほとんど布のない格好で
・太陽に浴びられないと生きられないし浴び続けると生きられないし大変だね
・出て行く人も定住する人も多くは無いが居ないわけではないというイメージ

・近くに鉱山があってその加工・研究兼鉱夫たちのベッドタウン
・質・量ともに群を抜いて良質の魔鉱石が採れる
・ジェンマーレを捨てた人も多分流れてきた
・飯は肉の燻製とかばっかりだけど酒は各地の銘酒を供えています
・でももっぱら湯水のようにビールが飲まれる
・鉱夫のための飲み屋さんや綺麗なお姉さんがいる店もきっと多い
・色んな方法でお金は稼げる街
・ただ住みやすいとは言えないから働き盛りの若い人は多いが老人と子供はとても少ない

・ぶっちゃけ表参道のキャットストリートを見て思いついた


 
あと考えなきゃいけないところはまぁなんで街が暗いかですな・・・
エセ科学でもトンデモファンタジーでもいいから何かしらの理由はつけたいところ
浮島と違って信仰心厚くしたくないから神獣とか神族とかじゃない理由付けが欲しいなぁ
一度住民が光の元で行きたいと願ってどうにかして日を引きずり出したことがある、でもその結果皮膚病で住人の半数近くが死に絶えてしまったとかって事件が過去にあるとか思ってます
住人と設定裏づけ募集中ー
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com