忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

dokyun.jpg









wikiについてアレコレ纏めてみようかと
一応茶にいた人たちで話し合った結果こんな感じじゃね?となったので多分共通認識でいいかもしれない
ちなみに絵は何の関係もありません


オリキャラRPGは管理人さんであるこのみさん宅のオエビのお題として生まれました
「RPG風のキャラを書いてみよう。パラメーターとかつけてみよう」確かそんな感じ
元々はキャラがあるだけだという状態でした
今あるたくさんの板の中で「設定投稿板」だけがある感じ。そしてオエビ
私の想像ですが多分お題期間が過ぎたら普通に終了するつもりだったんじゃないかしら?
このみん合ってる?
しかし予想以上に参加者がフィーバーしたため
キャラが流れないように図鑑が作られ掘り下げるための「交流板」が出来て「交流板」だけじゃ色んな話題が出てきてスッキリしないからということで「雑談板」が出来ました
一応これが今の原型かしら
そして一端投稿掲示板や世界観板に落とされたキャラや町を纏めるのにおかみさんだけじゃ負担が大変だよね!という話になってくる
そこで登場したのが一般参加者でも容易にログを纏められるシステム「wiki」の導入です
一応ココまでがwiki化の流れでしょうか。解りにくくてすいません
私とかずっと居てる方は一端掲示板に落とされてから図鑑に登録されるのが自然だったためwikiの有り方に疑問を覚えなかったのでしょうと思います
掲示板に落とされた時点で公式、wikiはその情報を纏めるところ
という認識でよろしいかとは思います
ココ数ヶ月以内に設定投稿板に投下された人たちは通し番号待ちのため図鑑登録(wiki化)はひとまず待っててねという状況です
でも掲示板に落とされた時点で公式です。どんどん絡みに行けばいいんじゃねぇの


wikiの利便性として
・IDを持っていれば誰でも編集が出来る
・修正情報を簡単に書き換えることが出来る
・タグで繋がれているから検索がしやすい(作者別、攻撃方法別、出身別)

などがありまして情報がさっくり移動しているならばとても使いやすいんじゃないかなぁと思います
個人的な思いとしてはwikiめっちゃ使いやすい
編集はせんないですけど使うことを考えると作者名や関連キャラが同じ情報として表示されてるのはとてもありがたい
もう図鑑に載っているのが3年前・・・?で絵も情報も大いに変わりましたので私のキャラに関しては文字情報、立ち絵キャラの関係殆どにテコ入れがしてあります
いやちょっと頑張った。シュリはナンバリング待ち
みんなも頑張って移動させたまえ(なんという上から目線)
ということで今後本格的にwiki化が始まることとこれまでの経緯ということで纏めさせていただきます
まぁ私の解りにくい説明よりもこちらを読んでいただければ一発だと思うのですが・・・
図鑑のwiki化についてのおかみさんからのお知らせです。ちょっと前のではありますが
これを最初に出しとけよという話ですね本当に申し訳ありません


あと個人的にブログの立ち位置について
・本家「オリキャラRPG」に投下されたものは全て公式
・個人ブログで発言されたことは全て非公式(ただ参加者に大きな影響力がある)

という感じで受け止めています
良くも悪くも昔からの参加者はブログ内で情報の交換が基本となってますからそれにあんまりおかしなところを感じてなかったのですが普通に考えたら普通じゃないのかもね
ブログ情報はあくまでもチラ裏なのでここの情報を拾っていただかなくても非は我にあり
絶対に曲げられない事は本家に落として公式化しろということですな
ただいま我がブログのキャラ説明ゴリゴリやり直してるんですが追記から後の情報は参考程度にって感じです
知ってたら交流に便利だけど知らなくても支障は無い
その程度のことだと認識されると肩の力が抜けるんじゃ無いでしょうか
私のブログに乗っている呟きなんて殆どが妄想と筋肉です

ここからちょっと私信ぽいですけど
入った時期が早かろうと遅かろうと参加者てのは一緒なんですから
早く入ってた人たちは新しい入居者の「ここ使いにくいんだけど・・・」って言葉を聞いたらそれに合わせてどうしたら住み心地が良くなるかを直せばいいと思うんですよ
無理しても適応しろよなんて言う人は誰も居ませんって
「空気嫁よゴルァ!!」な発言を何度かしてしまったことあるかもしれませんがアレはアレ、コレはコレ
ORPGに必要なのは交流したいという熱い重いと最低限のマナーです
ここが好きでここに来てくださったんだったらそれは全力で歓迎します
交流していきたいし仲良くなっていきたいです
「どうしても合わなかった」となって出て行くのなら寂しいけど仕方ありません
だけど「ここで一緒に楽しみたい」と思ってくださるのならどんどん思ってることを教えてくれると嬉しいです
私はエストさんともっと世界を広げて生きたいですよ

そんな感じ
PR
8db0b55b.pngwikilie.jpg












「チャオーーvロカターリオ号へようこっそぉーー!!歓迎すんぜぇーーvv」

攻撃力 防御力 速さ ラック 賢さ:戦闘開始時にスロットで1~10に変動する 魔力:0

プロフィール
名前     リー・ドゥ・ヴァン(♂・年齢不詳)
種族     人間
職業     「自称」海賊
武器     ナイフ等
戦闘能力     タイプ     物理
スキル     攻撃
範囲     近距離
長所     スロットの出目次第によっては大きな戦力になる。
短所     操作不能。必殺技がない。港町から外に出ようとしない
口調     一人称     オレ
二人称     お前
三人称     あいつ
敬語     使わない。「だぜぇーー」とか「じゃねぇのーー?」とか「いやぁーーんvv」とか基本的に伸ばし棒は二つ。話を自分の良い方に解釈する。

生い立ち
元々はウィンクルムから離れた遠い遠い海で海賊稼業を行っていたが、ちょっと暴れ過ぎたため一休みするつもりでここに来た。
現在は海賊稼業は休憩して、「ロカターリオ号」という船で冒険者を乗せたり荷物の運搬をしたりしている。
ちなみにリー・ドゥ・ヴァンとは「樽の底に残った赤ワインの色」という意味で偽名である。
酔った彼はそう語り、それ以外のことは聞いても煙に巻かれるばかりである。


特徴
いつもヘラヘラと笑っており何かに動じることがない。そしてお祭り好き。
毎夜開催される宴では率先して飲んで歌って踊って全裸で船に飛び込む。
自分の過去を語ることは少なく、聞いても妄想なんだか事実なんだか解らないものが多々あり、こちらを煙に巻こうとするように感じられる。
「面白いか否か」が価値判断の全てであり、どのような過去を持ち、未来を見据えていたとしても面白いと判断した人間は全てを受け入れる。また拒絶されても全力でぶつかっていく。
「海そのもののようだ」と揶揄されるのはそんな性質からかもしれない。


イベント
乗船イベント:
冒険開始時から港がある町ならどこにでもいる。
普段は話しかけると、饒舌に無駄なことまで喋りだすウザったいサブキャラでしかないが、船でしか渡れない島へ行くイベントが発動したときに話しかけるとロカターリオ号船長だということを証し船を出してくれる。

ちなみにその際「自分の愛している人の名を大声で叫ぶ」とか「今までの人生の中でもっとも恥ずかしい思い出を語る」とか難題を持ち出す
答えに不満があると「お前の決意はその程度か・・・!!」といって乗せてくれない。
満足する答えを出すと仲間になり、その後の海上移動も行ってくれるようになる。
パーティに入れることも可能だが、港町から外へ行こうとすると自動的に仲間から外れる。

関連キャラ
・フージェン(船員)
・レオン(船員)
・ビゴー(船員)
・時雨&春雨(船員)
・マシュー(副船長/未登録)
・イレーネ&ヨナ(船医/モブ)
・零(好いてくれているらしい)
・ヴァーダ(マブダチ)
・狂犬(よく船に乗っている)
・陽皐(同上)
・エスト(セクハラしてごめんなさい)

3a773dc0.pngwikirita.jpg












「あんたたち旅の途中でうちのバカ旦那様に会ったら、もうあんたの顔なんか見たくないって言ってくれないかい?そうでも言わないとあの人は帰ってこないのさ」


名前     ココリータ・コバルト(♀・19歳)愛称はリタ
種族     人間
職業     主婦/仮面職人
口調     一人称     あたし
二人称     あんた
三人称     あの子(人)
敬語     基本的に使いません。「~じゃないのかねぇ」「~しておくれよ」などおばちゃんっぽい喋り方。方言のようなものなので本人はいたって普通のつもり。指摘すると逆ギレする。

生い立ち
アスコリ島の裾野にある小さな町、トルナーレで生まれ育った女性。
町は普段は穏やかだが、カーニバルの時期になるとお祭り騒ぎになる。
彼女は幼い頃から優しい両親に仮面の作り方を学んでいた。
しかし彼女が10歳のときに両親は他界。
周囲を心配させないように明るく振舞っていたが、その心は仮面の下で孤独に泣いていた。
そんなココリータを光の下へと導いたのが東からの旅人だった。
彼女は旅人と恋に落ち、紆余曲折を経て結婚する。
以来穏やかに仮面を作りながら、愛する彼がふらりと帰るのを新しい家族や町の住人たちとともに待ち続けている。


・特徴
清純そうな外見に似合わず、強引なところがありお節介焼である。
「田舎のおばちゃんっぽい」性格。
感情表現が豊かであり他人のために感情を大きく動かす。
それは夫や家族の前ではそれが顕著に現れる。
また、怒ると般若のような顔になるが、本人は気付いていない。
夫であるヴェイタの病のことを心配しながらも、彼が郷に帰らず自分の町に帰ってくるのはそのせいだとも考えており複雑な心持である。
新しく家族になった子犬の光漢やアオサは本当の子供のように感じており、彼女の生活を営む上でなくてはならないものになっている。
年より老けている、は禁句。


イベント
宿屋イベント
    パーティがとある町で宿が取れずに困っていたら「フロ炊き・薪割り・煙突掃除」を条件に家に泊めてくれる。
    それからは立ち寄るたびに同条件で無料で家に泊めてくれるようになる。


新しい家族:
ヴェイタ・アオサが仲間になっている状態で獣人キャラをパーティに入れて郵便屋の来る日にトルナーレに行くと発動する。

コバルト家に行くとタタラと郵便屋(プランタン)とココリータがお茶を飲んでいる。
一緒にお茶を飲んでいると「最近子犬が飼いたくってねぇ」とココリータが話をふってくる
話の最後に「旅の途中で可愛い子犬見つけたら教えてとくれ」と言ってくる

(その後アオサにイベント引き継がれる)

アオサをパーティに入れて子犬を連れてくるとお礼にアップルパイとカーニバル用仮面が貰える
アップルパイ→全員HPMP全回復ただしフィールドでしか使えない
仮面→遠くの町で売ったら高額になる

子犬はヴェイタに光漢(コータ)と名付けられ、コバルト家に行く度にちょっとずつ成長している姿が見られる
パーティからアオサを外しているとコバルト家に居ることが多くなる



関連キャラ
ヴェイタ:夫
アオサ:養子
エース:幼馴染
タタラ:お義母様(ヴェイタの親友)
幽:タタラの家族
ミルド:なんか気になる
ソフィア:友人
アカネ:友人
カルーア:ご近所さん
ディタ:ご近所さん
ライム:友人
セツ:トルナーレ住人

0273069b.jpeg









不意に描きたかった人とか詰め合わせ
髪降ろしてるのはシュリです
地味にリースさんが好きだったりするんです
あの唇とか目線とか露出度高い衣装とかとっても好みなんですよね
あと唇とか唇とか唇とか
ORPGは可愛い系とセクシー系だったら前者が多い気がする
セクシー系お姉さんが好きです
気付けばこのラクガキジズ意外全員女だった
女の子描くのが好きなんだい
そして地味に募集をかけたい
シュリの護衛と言うか一緒に旅をしてくれる人が何か欲しい
男でも女でも立場はどうでもいいのだけれど武闘派の人
既存でも新しい人でも
金の関係でも金以外の何かの関係でも
女の一人旅危ないからさ

蒼霧さんところの新キャラさんはプランタンと同じようにシステムなのかな?

色々呟こうと思ったけど時間切れOrz
いつかさんとふにさんがとても素敵にレポってくださっててありがとうございました
一応招いた身としては楽しんでいただけたかとても気になってたんだ
超楽しかったし部屋も片付いたし本当にありがとうございまいた
とりあえず「山口ではこれが標準装備です」
 
もうオフ会から2日経っているだと・・・?
なんだろう体感時間が物凄い勢いで加速しているきがします
楽しい時間の体感時間は短くなるというけれど私的には一日目の夕方で解散したくらいの気分です
このままでいけば後ろから殴られる
プッチ神父のスタンド能力が働いているんじゃないだろうか

ということでいつかたん、ふにさんお世話になりました!!
私の地元にお呼びした形になるのでレポはお二人にお任せしようかと思います
イッツアスモールワールドなうさぎ小屋でしたが楽しんでくれたらこれ幸いでした
とりあえずお二人に貰ったお菓子で我が家のおやつ事情が今とてもホクホク
なんで袋に詰めて二人に渡さなかったのかと今更ながらに電車乗ってから思ったよ
本当に至らぬところばかりの人間でごめんなさい
地元に何にも無くてごめんなさい
山賊?錦帯橋?アレは山口県では標準装備だよ!!
家族みんなちっちゃいっていわれた
でもそれはいつかたんのお父さんが熊さんなだけだとおもう
また是非是非遊んでください

ふにさんが描いてなかったけど浮かんだネタとして

・モッフモフの召喚獣。普段は樹に擬態している。アルフレソさんが大好き

すきすぎて押しつぶされる

・グラサンと手袋装備して颯爽とママチャリにのってコンビニに出かけるジズ

「何してんだよジズ。」
「あぁ、コンビニにおでんを買いに行くところだ。今日は70円均一でな。」
「お前ママチャリ似合わねぇな。」
「卿は何が食いたい?エアは卵が好きでなぁ」
などという会話

・アドニア組はバイクが似合いそうだ。アルフレソさんはミニクーパー。旦那様はでかいワゴン

・アルフレソさんにはモトカノがいる

・カラカヌさんとフヒトベさんはもはやなんかうん。お前ら結婚しろよ。

・モノノベウキはとりあえず180cm越えの嫁が居て「お前ら結婚しろよ」しか言わないモブ

・コバ家に初めて泊まったタタラさん

・テオさんは携帯電池


おぉっと時間切れ
いつか消化したいね色々と
[14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com