忍者ブログ
こちらはオリキャラRPGに関する特設ページです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

maddog.jpg









名前:狂犬(♂・24歳)
種族:人間
職業:元グラディエータ
出身:アドニア高地
武器:なんでも扱えるが得意なものは短剣
属性:無し
長所:攻撃防御共に高い。戦闘経験豊富で様々な武器を扱える
短所(弱点):素早さが無く回避率も低い。デカイため攻撃もよく当たる
細かい攻撃当たりまくって大きい一撃で返す戦い方
口調: (一人称) 俺(二人称)あんた(三人称)あいつ・そいつ
(特徴)
「どんなに就職難でも闘技場だけはやめておけよ。負けたら死ぬし勝ち続けてもいつか死ぬ。」
口調は淡々としているが意外と口数は多い

攻撃力:8 / 防御力:8 / 速さ:2 / ラック:3 / 賢さ:6 / 魔力:1


・生い立ち
本名はジズ・リ・ロスト
アドニアの由緒正しい騎士の家柄に産まれるが、生まれつき瞳が犬のようであり、世間的には死産とされ、屋敷軟禁生活を送ることになる。
自由を求めて逃亡し、以来傭兵などをしてなんとか命を繋いでいたが、とある戦闘で顔に大きく傷を負い、部隊とはぐれてしまう
そのとき奴隷商人に捕まり、脱走した人形使いの変わりに闘技場へと売られ、飼い殺しの日々を送ることとなった
リングネームは【狂犬】
生き甲斐はないが死ぬ気はないため戦い続けていたら闘技場でも一番強いグラディエータになっていた
主人公パーティに負けた後、廃棄されそうになっていたところを救われ旅に同行することに


・特徴
マスクで覆っている口は耳まで裂けている
「狂った犬のような」瞳を持ちよくモンスターと間違えられる。もう慣れたものらしい
人生に希望は持っていないが悲観もしていない
特に好きなことも嫌いなことも無く何も感じていない
仲間がピンチになったら助けるし話しかけられたら談笑もする
しかし彼にはどこか空虚感が付きまとう 故郷には愛着と憎悪が混ざった複雑な感情を抱えているらしく近づこうとしない。


・イベント
闘技場イベント:闘技場で5回優勝すると
「今までとは比べ物にならない相手と戦いませんか?」と言われ はい を答えるとこいつと戦闘に
負けてもゲームオーバーにはならないがしばらく闘技場に立ち寄るとスタッフの語尾に(笑)がつく
勝利するとかなり高額の賞金が貰えるが、廃棄される予定の狂犬を助けるために手放さなければならない
賞金を手放し助けるとパーティイン
その際「本名に愛着は無いし名前なんて好きに呼べばいい」といい好きな名前を名付けることができる(デフォルトは狂犬)

棄てた故郷:
ヒルトやアリオトなどのアドニア出身者がパーティにいると
「アドニアは…いやなんでもない」などといい故郷について聞いてくる
うっとうしいので事細かに説明してやると
「そうか。」と一言だけ言うが少し表情が甘くなる

plofildog.jpg









Q 01. まず、あなたのお名前を教えて下さい。

狂犬。本名じゃない。闘技場に居た頃のリングネームだった。
本名に愛着もないし名前なんてどうだっていい。好きに呼べ。

Q 02-1. あなたが旅をしている理由・目的は?

闘技場で廃棄されそうになっていたのを助けられたからな
帰る場所も生きる場所もないけどまだ死ぬ予定はない。
まぁ、石壁の中や戦場よりはよっぽどマシだ。感謝している。

Q 03. 家や故郷について教えて下さい。

故郷はアドニア…だけど実はよく解らない俺の知ってるあの国は屋敷の壁の中だけだ。
家は上級騎士だったらしい。父親には恥さらしとか産まれて来なければよかったとか言われたな。
棄てた家だしどうでもいい。ただ国はいい記憶も愛着もないけど繁栄して欲しい。

Q 04. あなたの5年前は?

まだ闘技場には来てないな。傭兵やってたような気がする。家出てかなり経ってるしな
食わなきゃ死ぬし他に出来ることも無かった。どこの国に所属してたかとかは覚えてない。戦いなんて意味ないと思ってたけどただ剣振ってた。

Q 05. 好きor親しいひとについて教えて下さい。
もしそういうひとがいなければ、好きなタイプについて語ってください。

悪いが好きというのはよく解らない。
大抵俺の顔見ると泣くか逃げるかで人と深く接したこともないしな。
…そういえば俺の顔を見て可愛いとかいう驚くほど趣味の悪い女がいた。あいつは他とは違ったな

Q 06. 嫌いor苦手なひとについて教えて下さい。また、そのひととは今後仲良くなれそうですか?
もしそういう相手がいなければ、嫌いなタイプについて語ってください。

悪いが嫌いもよく解らない。
石を投げられるのも泣かれるのも疎まれるのももう普通だし別にマイナスになりようもない。ただ、家のことは思い出したくない。
傷つけられたことは無いし最低限の教育も施されたが愛情なんてかけらも与えられなかった。あそこに死ぬまで居るよりは出た方がよっぽどマシだ。

Q 07. クセとかあります?

口を拭うことか。ほっておくと涎が垂れるんだ。水も飲みにくい
あまり食事をするところは見られたくない。見てもいいものじゃないしな。

Q 08. モットーや座右の銘は?

死ぬまで生きろ。
人生を投げようとは思っていない。そのときが来るまでは生きるつもりだ。
まぁいいことなんて起きると思ってはいないが

Q 09. 自分を動物に例えると?

狂犬でいいんじゃないか。

Q 10. 憧れるひとっていますか? もしいればどういう所に憧れるのかも教えて下さい。

戦わないで生きていけるやつは羨ましいな。
色々な村や町に立ち寄ったが日々些細なことに感情動かしていて生きていた。
ああ成れたらいいかもしれない。

Q 11. あなたの恋愛感をばどうぞ!

恋とか愛とかそういうのは未知過ぎて解らない。
俺のことを愛するやつが居たら頭がイかれているだろうよ。
例の趣味の悪い女は?いや、亭主が居るみたいだ。横恋慕する趣味はない。
第一そういう感情はない。強いて言えば母親に対する思慕に近いものか

Q 12. 自分の職業を選んで答えてください。(複数の職業についている場合は、どれか一つについてでも、全てに答えていただいても構いません。)

武:身体を鍛えるためにしていることは?

負けたら死ぬとなるとまぁ文字通り死ぬ気で強くなろうとするよな。

Q 13. 今の時点で特に気になる方がいれば、お相手に向かって何か叫んでください。
いなければ、何か一つ決意表明してみてください。

アドニアの…故郷のやつがいる。
あの国に愛着も実感もいい思いもないがそいつらと話がしたい。
それとあの趣味の悪い女。あいつの目には世界がどんな風に見えているのか知りたい。

Q 14-1. 今までの旅で、一番印象に残っていることは?

珍しかったのは夜マスク外して暗い廊下歩いてたら赤い髪の男が気絶した。大の大人が。
あと変な船に乗ったときのことか。船長らしき男に『お前いつでも笑ってんだなぁご機嫌なやつだ最高だ』って言われた。病気だな
今もよく船には乗っている。何故だろうな

Q 15. ここまでお疲れ様でした! よろしければ、最後に一言お願いします。

いくら就職難でも闘技場だけはやめとけよ。負けたら死ぬし勝ち続けてもいつか死ぬ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
七尾マモル
HP:
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
makupapet
rip!ship!trip! 狂犬 Produced by 七尾マモル 
忍者ブログ [PR]
Designed by ninja-blog.com